プレゼンテーション

建築家が建築を考える際に必ず必要となってくるのが「伝える」という行為です。

建築は、その土地のコンテクストや自然環境など様々な要素を思考した中で創られます。アートのように、作家が自分の感性を頼りに作品をつくった上で評価されるものとは違い、人が直接利用する建築は、何を考えてその建築を創るのかを人(施主)に理解をしてもらった上で、はじめて建築はつくられていきます。

突然何を言い出すのかと思われているでしょう。
要するに、人にどのように表現するのか、どう「伝える」かを今現在奮闘しております。

STAFF S